あすなろキッズ
あすなろキッズについて

□□ あすなろキッズは、少人数制のクラスです。子どもたち一人ひとりの成長や発達、興味、個性に合わせた働きかけができます。次々と進む教育ではなく、子どもの欲求を満たしながら、ゆとりのある教育を心がけています。

知育あそびでは、「問題を解けたか解けなかったか」ではなく、「どのように考えたか」を重視します。正答でなくとも「良く考えた」ことをほめますので、深く考える習慣がつきます。 
また、助言の与え方も重要です。全然分からなければやる気をなくしますし、ヒントを与え過ぎると、いつもヒントを期待するようになってしまいます。常に挑戦意欲がわき、達成感を何度も味わえるような的確な助言を与えることで、子どもたちは「考える面白さ」を覚え、根気や集中力が養われるのです。
知育あそびでは、苦手な課題があった場合、導入の仕方を変えて練習します。

あすなろキッズは親子分離の教室です(ただし、入塾当初は無理やりに離すことはありません)。親と離れて体験することで、子どもの中に自立心が芽生え、「我慢」「協調性」など、社会生活を送る上で必要なルールも少しずつ学んでいきます。教室へ通うことが、きっと、親離れ・子離れのチャンスにもなることでしょう。

□□  担当する講師は、育児経験が豊富で、何よりも子どもたちが大好きです。
 また、子育てに関する悩みにも時間の許す限り対応いたします。

 昔から、「教えるには3倍の能力があればよいが、学ばせるには10倍以上の能力が必要」だといわれています。子どもが自分の力で学んだもの(獲得したもの)だけが能力になり、自信になります。自信が意欲を生み、より高度な問題を解く力が育ちます。学ぶ力は、創造と思考を生み、人間を高め続ける力となります。
 また学ばせるために、講師も視点を同じ高さにして、人間力の中で最もたいせつな能力である「自由」や「思いやり」や「やさしさ」を育てています。

 幼児期は、人の一生を支える根っこの部分。どの子もみんな多くの知的能力を秘めています。それに気づき、その力を養い育てていくには、幼児の特性を熟知していなくてはなりません。したがって当教室の講師は、それらの特性を母親という立場で実体験済みの経験豊富な人材が担任しています。


あすなろキッズで目指すもの
□□ 1.マンツーマンに近い個別指導
見守る指導で過程を大切にしています。体験授業後個人ファイリングで管理しながら、成長を確認しながら進めてまいります。結果のみの学力重視ではなくプロセスを見守る中で、個人個人の開花のタイプを見極め目標到達まで導きます。

2.子どもに優しい豊富な教材
豊富な教材による学習によって、お子様の習熟度に合わせ次の様な学習効果を目標をもって進めています。
@自立心を高め集中力や持続力を養います。
A手や指先を使う事で技巧性を高め脳の発達を促進します。
B自主性と共に社会性、共感力を育みます。
Cお話をしっかり聞く習慣がつきます。
D発達に応じて基礎力から応用力へと育みます。

3.完全振替制度
特別な期限を設定せず、お子様や保護者のご都合と相談しながら完全振り替えを実施しており、年間授業回数45回をお約束しています。

4.ご家庭の都合に合わせた授業形態
授業にお越しいただく曜日・時間帯は、できるだけ保護者のご都合と相談させていただきながら決定しています。

5.保護者の方がいつでも相談できる綿密なコミュニケーションシステム
連絡帳・携帯メール・パソコンメール・電話で常に保護者と繋がっています。また授業後は、時間の許す限り保護者様のご相談やご質問に対応させていただいています。


あすなろキッズで目指すもの
□□ 参観日(年間約4回)

個人懇談

保護者の集い

クリスマス会


TOPに戻る

[幼児教育の大切さ] [幼児教室を選ぶ5つのポイント] [教材のご紹介]
 [保護者の声] [授業形態・ご入会のご案内] [アクセス] [リンク]